札幌市中央区札幌駅そばにある歯科・歯医者 医療法人社団K2 北2条歯科クリニック

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目32 第37桂和ビル9F
  • 地下鉄札幌駅・JR札幌駅すぐ
  • 札幌駅前地下歩行空間1番出口より徒歩約2分
  • 提携駐車場…アストリアパーキング・三井のリパーク・三井のリパーク第三駐車場あり

ご予約・お問い合わせはこちら011-206-3600「ホームページ見た」と言ってください

月曜~金曜 受付 19:00まで / 土曜 受付13:00まで
日曜・祝日休診

インプラント

インプラントは第二の永久歯と呼ばれる、最先端の歯科治療です。

歯を失った場合の治療方法

歯を失ってしまった場合、入れ歯やブリッジ、そしてインプラントという選択肢があります。その中でもインプラントは、現在の歯科治療の中で、最も最先端の治療方法です。インプラント治療とは、歯を失ったところに人口のネジを埋め込み、その上にかぶせ物を装着することによって、噛む力を本来の噛む機能に限りなく近づけることが可能です。ブリッジや入れ歯の場合、周囲の歯に負担がかかってしまうというデメリットがありますが、インプラントは、見た目にも自分の歯とほとんど区別がつかないほど精巧に作られています。

そして、しっかりとメンテナンスを継続させていくことで、インプラントの残存率をさらに上げていくことが可能となり、インプラント治療が現在の歯科医療を変えたと言っても過言ではないほど、画期的な治療方法であると言われています。ただし、最先端の治療となるため、保険適用外の治療となります。歯の欠損でお悩みの方は、まずはご相談ください。

  • 天然歯

    天然歯の表面は、中の象牙質を保護するために、硬いエナメル質で覆われています。個人によって歯の色と形は異なります。

    天然歯の歯根膜は、あごの骨に歯根をしっかりと固定する役割があります。

    インプラント

    セラミック人工歯は、天然歯の色と形に合わせることが可能です。

    アパットメント(支台)は、人工歯とインプラント体(人工歯根)を固定します。

    インプラント体は、強固な土台としての役割があります。表面は、骨と結合するようにデザインされています。

患者様のあらゆる負担を軽減

■ AQBインプラント

インプラントには数十種類のメーカーが存在しており、それぞれのメーカーごとに、特徴、術式、実績や信頼性が異なります。当院では、国産メーカーのAQBインプラントを使用しております。

■ 手術時間の短縮

AQBインプラントは、非常にシンプルな術式を採用しています。その術式は、手術時間が他のメーカーの術式と比べると、短時間で終了します。そのため、患者様の肉体的・精神的負担の軽減が可能です。

■ 治療期間の短縮

AQBインプラントは、再結晶化HAコーティングという技術を採用しています。ハイドロキシアパタイトという物質を、インプラント体にコーティングすることで、早期に骨と結合させることが出来ます。
比較的に他のインプラントメーカーよりも、骨に生着するのが早い特徴があり、特許を取得するほど、高い信頼性があります。
そのため、ほとんどの場合、インプラント治療後、約2ヶ月程度で、人工歯の接続治療が完了します。

■ リスクの軽減

使用されるインプラントの中で、以前まで主流だったのが、インプラント体とアバットメント分離型のインプラントです。
しかし、分離型のインプラントの場合、接続部から細菌感染が起こる可能性がありました。AQBインプラントでは、インプラント体とアバットメントが一体型になっており、細菌感染のリスクが非常に少ないメリットがあります。そのため、オペ後の予後がとても良いと言われているのが特徴です。

天然歯よりデリケート

■ お手入れについて

インプラントは人工歯なので、天然歯のようにむし歯になることはありません。しかし、歯周病と同様の症状になることもあります。
インプラントを埋入した後に、インプラントが脱落してしまうことがあるのですが、そのインプラント周囲炎と呼ばれる病気にかかってしまうと、インプラントを支えている骨が細菌によって徐々に溶かされてしまい、最終的に埋入したインプラントを支えることが出来ず、脱落させてしまうのです。インプラントは天然歯と比べると、3倍程度歯周病になりやすいというエビデンスも出ています。

これを防ぐには、天然歯と同様に、歯科医師と歯科衛生士による口腔内のメンテナンスが欠かせません。しかし、そもそもインプラントをされた方のほとんどが、これまでに歯科医院でメンテナンスやクリーニングを行ってこなかった方々なので、そもそも口腔内のケアが習慣になっておらず、十分なお手入れもされないまま、早期段階でインプラントが脱落してしまうという一途をたどることになるのです。

クリーニングやメンテナンスについてはこちら

インプラントによる予防

■ 他の健康な歯を守るための予防措置

インプラントの役割は、ただ単に、失った歯の代わりとなる措置だけではありません。
歯を失った場合の措置として、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」がありますが、入れ歯を選んだ場合、入れ歯を安定させるために、金属のバネを他の健康な歯に引っ掛ける必要があるため、周りの健康な歯に負担をかけてしまい、その結果、その健康な歯も抜歯しなくてはならなくなります。ブリッジを選んだ場合も、他の健康な歯を支台にしなくてはならないため、周りの健康な歯に負担をかけてしまい、入れ歯と同様に、その健康な歯も抜歯しなくてはならなくなります。

しかし、インプラントの場合、他の歯に負担をかけることなく、自立しているため、他の健康な歯を守ることが出来ます。

歯を失わないために

最近では、インプラント治療により、きちんと噛める食事ができるようになっただけでなく、ものがしっかりと噛めるという機能が回復したことにより、よく噛めば噛むほど脳細胞を活性化させることが出来、認知症予防や寝たきり予防といった効果へのつながりも、広まりつつあります。

噛む行為による唾液の分泌により、がん予防やメタボリック症候群予防にも、効果があることがわかってきています。噛むという行為は、人間が健康を維持していくために、不可欠で大切な行為と言えます。

今日まで、様々な患者様と出会い、様々な治療に取り組んでまいりましたが、何よりも大切なことは、ご自身の歯を失わないことだと考えております。そのためには、やはり、定期的なクリーニングやメンテナンスが欠かせません。このような日々の技術の研鑽はもちろん、患者様との信頼関係を築きながら、患者様ひとりひとりに合わせた予防に、今後も取り組んでまいります。